初めてのヘアケアをときには基礎知識を身につけよう

商品選び

自分に合った商品を選ぶ

 人間、誰しもが年を取ると白髪が目立つようになります。人の目も気になりますし、いつまでも綺麗な髪でいたいですよね。近年ではさまざまなメーカーが白髪染めを販売していますが、そのタイプも多様化してきました。  髪全体を染めるものや、一部分だけ黒くすることが出来るタイプは自分でするには難しいという声もあります。きれいにならない、白髪が残ってしまうなどのトラブルがありました。自分はなかなか上手くいかないという方に、髪を洗う感覚で徐々に白髪を染めるタイプが開発されました。一気に染まらないというデメリットはありますが、シャンプーと同じように使い続けるだけで少しずつ染まっていく画期的な白髪染めです。どんどん新しいタイプのものが開発されていますから、今後の動きに注目したいですね。

上手に染めるために工夫すること

 白髪染めは自分ひとりで行うのはやはり難しいものです。ご家族の方に手伝っていただけるご家庭はとても素晴らしいですが、協力できる人がいない場合は自分でするしかありません。そんな時は、一工夫で上手に白髪染めをしてみましょう。  まず必要不可欠な鏡ですが、自分の目の前に一つしか置いているだけでは後ろや横を見ることができず、きれいに染まりません。多面鏡を使ったり、見えやすい角度で幾つかの鏡を設置してみましょう。次に櫛ですが、髪に通りやすくひっかかりが少ないものを選びましょう。奥まで液が届かず、結果的に残ってしまう場合がありますから滑らかに動くものがいいですね。ごみや髪の毛など汚れがついているのも良くありません。きれいな状態か、使う前に確認してみましょう。  ほんの少し心がけるだけで、白髪染めも簡単に出来るようになります。商品によって使用方法に違いはありますが、まずはご自分の道具を見直してみてください。改善できるヒントが隠れているかもしれませんよ。